• TOP
  • BLOG TOP
  • ピアノ
  • ピアノ弾き語り初心者が最短で上手くなる3ステップ練習法を公開!

ブログトップへ

ピアノ弾き語り初心者が最短で上手くなる3ステップ練習法を公開!

ピアノ弾き語り練習の
正しい手順をご存知ですか?

今回はピアノの弾き語りを行う上で
初心者がスムーズに上達するための
3ステップ練習法をご紹介していきます。

このステップに従って練習することで
挫折すること無く弾き語りを
行えるようになります。

また、

弾き語りの練習方法だけでなく
楽譜選びの注意点やオススメの
3つの練習曲もご紹介します。

後半では弾き語り練習に
大活躍するおすすめサイトも
公開しているので最後まで
チェックしてみて下さい。

1. ピアノの弾き語り、初心者でもできるのか

ピアノの弾き語りというのは
2つの要素が含まれている演奏方法です。

2つの要素というのは

・ピアノ演奏
・歌唱

の2つです。

つまり、

歌を歌うことと
ピアノを弾くこと。

この2つを同時に行うのが
ピアノの弾き語りです。

2つの要素を同時に行えないと
弾き語りを行うことは出来ません。

歌うことに気を取られてしまえば
演奏する手が止まってしまいますし

演奏に集中しすぎてしまえば
上手く歌うことが出来ません。

初心者の場合は
いきなり2つの要素を
同時にこなすというのは
少しハードルが高いです。

弾き語りを練習する場合は
練習方法を工夫する必要があります。

2. 弾き語りが早く上達する練習方法と順番

弾き語りを早く上達させる為には
正しい練習方法を知る必要があります。

いきなり弾き語りにチャレンジをしても
上手くいかない可能性が高いです。

まずは以下の3つの手順に従って
練習を行ってみて下さい。

●ステップ1:『演奏に集中する』

いきなり演奏と歌声を
同時に行おうとしても
上手くいきません。

まずは演奏から
覚えていきましょう。

ピアノの演奏の際は
楽譜を用意するかと思いますが
なるべく弾き語り用の楽譜は
避けたほうが良いです。

なぜなら弾き語り用の楽譜は
初心者が楽譜と同じように弾くには
難易度が高い場合があります。

初めから弾き語り用の楽譜を参考にして
練習を行っても難易度の高さから
挫折してしまう可能性が高いです。

弾き語り用の楽譜はもう少し
演奏に慣れてきてから
読む物と思って下さい。

初めのうちはコード譜や
メロディ譜がオススメです。

メロディ譜やコード譜には
伴奏部分が記載されていませんが

ピアノの弾き語りの場合
コードを覚えてしまえば
とりあえず問題ありません。

弾き語りは演奏がメインではなく
あくまで歌声が主役であり
ピアノの演奏は引き立て役に過ぎません。

伴奏部分はなれてから
覚えていけばいいので

まずはコードを覚えることに
専念するようにしましょう。

●ステップ2:『鼻歌演奏』

コードの通りに演奏が行えるようになったら
次はそこに歌詞を加えていきましょう。

ただ、いきなり歌詞を入れると
歌うことに意識が向いてしまい
演奏がおぼつかない場合があります。

そのため、まずは鼻歌で
歌詞を加えて下さい。

ピアノの演奏に合わせて
鼻歌で歌うことで

演奏することと並行して
何かの行為をするという
感覚を鍛えることが出来ます。

鼻歌であれば実際に歌うよりも
意識を向けずに歌えるので

実際に歌詞を歌う前に
まずは鼻歌が入りましょう。

ピアノの演奏と鼻歌。

まずはこの2つを行えるように
練習を繰り返して下さい。

●ステップ3:『歌詞と演奏の融合』

鼻歌に慣れてきたら
いよいよ実際に歌詞を口にしていきます。

いきなりここからやろうとしても
難易度が高いので壁にぶつかります。

なのでステップ1から
順番に進めていく事で

弾き語りを効率的に
上達させる事が出来ます。

お伝えした3つの手順を
順番通りに取り組んでいくことで
弾き語りを効率的に
上達させる事が可能なので

焦らずにステップ1から
スタートしていきましょう。

3.弾き語り曲の選曲方法

弾き語りを練習する際は
なるべく使われているコードが
初心者向きの曲がオススメです。

また、曲のテンポも弾きやすいような
中間ぐらいのモノが好ましいです。

それに加えてあなたが
好きな曲であれば
飽きずに練習を行えるので

あなたが好きな曲の中で
コードが簡単でテンポが弾きやすい曲は
何か無いのかと探してみて下さい。

4.  初心者におススメの弾き語り曲3選

●オススメ曲その1:『少年時代』 井上 陽水
https://www.youtube.com/watch?v=EMSOqIvw4AY

井上陽水さんの少年時代は
弾き語り曲として定番で
多くの方が練習しています。

左手の動きが一定なので
始めの1曲として
演奏しやすいと言えます。

●オススメ曲その2:『世界に一つだけの花』 SMAP
https://www.youtube.com/watch?v=9NnY0ytQP6I

SMAPの代表的な曲として
多くのが知っている人気曲です。

指の動きがそこまで多くなく
シンプルな演奏で弾けるので
初心者の練習曲としてオススメ出来ます。

●オススメ曲その3:『いつも何度でも』(千と千尋の神隠し)
https://www.youtube.com/watch?v=abIXR7OrDdk

この曲は3/4拍子なので
少しリズムを取ることが
難しいと感じるかもしれませんが

慣れてしまえば演奏自体は
非常に簡単な1曲です。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか?

ピアノの弾き語りを練習する場合
手順を守る事が非常に大切です。

初心者の方がいきなり
弾き語りをしようしても
おそらく上手くいきません。

なぜなら弾き語りというのは
ピアノ演奏+歌声で
成り立っているからです。

どちらからが欠けても
成立させることは出来ません。

そのため弾き語りをするには
演奏と歌声を同時に行う力が
求められます。

初心者の場合、どちらか一方を
行うことで精一杯である場合が多く
2つを同時に行う余裕はありません。

そのため、

弾き語りを練習する場合は
お伝えしたように
1つ1つの要素を練習していき

徐々にそれぞれの要素を
混ぜていく方法が上達の近道です。

まずはピアノ演奏に集中し
そこから鼻歌を混ぜていき

最終的には歌声と演奏の
2つを同時に行っていきましょう。

始めの演奏の際は弾き語り用の楽譜ですと
難易度が高いと感じてしまいがちなので

コード譜やメロディ譜がオススメです。

コードを覚えてしまえば
弾き語りは行えます。

弾き語りを上達させる秘訣は
少しずつレベルを上げていくことです。

1つ1つの要素を確実に伸ばしていき
弾き語りを上達させていきましょう。

因みにピアノのコード譜は
書店で購入しても良いのですが

サイトを検索すれば
無料で見ることも可能です。

●Tune Gate
http://gakufu.tunegate.me/

今回お伝えした曲意外にも
多くの曲のコードをチェックできます。

イラスト付きでコード毎の
指の配置も確認することが出来るので
弾き語りの練習に活用してみて下さい。